respiratory

respiratory equipments

respiratory

flexiVent:フレキシベント 呼吸及び肺機能解析装置(小動物用)


flexiVent

多数の論文で採用されているフレキシベントは他に類を見ない動物モデルでのFOT(Forced Occilation Technique)を実現した機器です。
中枢気道抵抗と末梢肺の動的パラメータや静的パラメータなどを解析できるゴールドスタンダード機器です。

    測定に使用する摂動運動やオプション
  • SnapShot:従来法による気道抵抗・動肺コンプライアンス、気道内圧などの測定
  • PrimeWave:FOTを使用した中枢気道抵抗及び肺パラメータの測定
  • P-V LOOP:静肺コンプライアンスの測定、Salazar Knouwlesパラメータの解析
  • エアロゾルオプション:気道過敏性などに用いられるドーズレスポンスカーブの取得
  • FEVオプション:FEV/FVCなどの測定と一秒量などの計測
  • Lung Volume:総肺容量の測定

WBP:Whole Body Plethysmography 無拘束呼吸機能解析装置

easyTEL D

WBP:Whole Body Phethysmographyによる無拘束呼吸機能解析装置
動物はチャンバー内で無拘束で自由に動き回れる状態で呼吸機能を測定できます。
チャンバーにはネブライザーポートが設けられており、エアロゾル暴露によるドーズレスポンスカーブを得ることができます。

対象動物

  • マウス
  • ラット
  • モルモット
  • その他
    (ご要望により特別制作いたします)

VivoFlow :無拘束呼吸機能解析装置(マウス用)

VivoFlow

VivoFlowはWBPの手法です。チャンバーを黄色くすることで特にマウスでは透明のチャンバーに比べてより安定した呼吸機能を測定できることが確認されております。(当社比)

対象動物:マウス
同時測定動物数:1~8


GMS:Gas Mixing System
マスフローコントローラを採用したガスミキシング装置を追加することで混合ガス暴露時の呼吸機能の変化を測定することができます。

GMS2:2種ガスミキシングシステム(N2, O2, CO2)から2種)

GMS3:3種ガスミキシングシステム(N2, O2, CO2)

※ ガスボンベ及びレギュレータは含まれておりません。

Double Chamber :ダブルチャンバー呼吸機能解析装置



DoubleChamber

対象動物

  • マウス
  • ラット
  • モルモット

B.E.PENNOCKらによって開発されたダブルチャンバー法では、主に特異的気道抵抗[sRaw:specific airway resistance]を測定するために開発されました。

胴部と鼻部のチャンバーが配置され、それらから得られる呼吸フロー信号から呼吸機能を測定します。

基本となる呼吸機能(分時呼吸回数や一回換気量など)は胴部チャンバーで測定します。

鼻部チャンバーはsRawを測定するために胴部呼吸フロー信号と鼻部フロー信号との位相差を測定するために用いられます。

また、鼻部チャンバーにはネブライザーポートが設けられており、呼吸機能測定中に鼻部チャンバーにエアロゾルを暴露することができます。

ResComp:気道抵抗/動肺コンプライアンス測定

ResCompChamber


対象動物

  • マウス
  • ラット
  • モルモット
  • フェレット
  • 中・大動物(サル/イヌ)など

ResComp:気道抵抗/動肺コンプライアンス測定
ベンチレータを使用する従来法による気道抵抗測定装置です。

気道抵抗解析には全身用チャンバーを使用する方法とニューモタコを使用する方法があります。

・ 小動物用(麻酔下用プレチスモグラフ使用)
気道にインチュベーションされた麻酔下の動物はプレチスモグラフ内に置かれ、ベンチレータに繋がれます。
プレチスモグラフはマウス用と小動物(ラット/モルモット)用が準備されています。

・ 中/大動物用(ニューモタコ使用)
気道にインチュベーションされた麻酔下の動物はカニューレとベンチレータとの間にニューモタコを取り付けます。

測定項目
Raw:気道抵抗、Cdyn:動肺コンプライアンスを含めたベンチレーションによる気道内圧を含む呼吸機能パラメータ

ecgTUNNEL:ECG・呼吸信号取得解析システム(小動物用)



ecgTUNNEL

ecgTUNNELは固定用台座に取り付けられた電極からECGシグナルを取得します。(動物は固定用カバーで固定します。)


上部にドームを取り付けることでプレチスモグラフとして呼吸機能解析ができます。

マウス用とラット用の2種類が用意されています。

emkaPACK4G :ジャケット式呼吸機能測定(大・中動物用)


emkaPACK4G

emkaPACK4GはRIPを採用しています。
胸部と胴部の2本のインダクタンスベルトにより呼吸量・呼吸回数などの呼吸パラメータを測定します。

テレメトリーを使用してレシーバーでRIPからの呼吸信号を取得・解析します。

大・中動物での呼吸を測定できます。

動物サイズに応じてジャケットとT-シャツが準備されています。